スイーツのレシピ フルーツレシピ

【時間のある方限定】おいしい焼き芋の作り方【トースター】

いしや~きぃも~の焼きいも屋さんの焼きいもって美味しいよね!

あれって家でつくれないかな?

あの味、家でできたら幸せですよね〜!

実はさつまいもとオーブントースター、時間があれば、とても簡単にできちゃうんです😊

今回はおいしいやきいもの作り方を紹介します!

おいしい焼き芋のために準備するもの

まず、上にも書きましたが、時間がかかります。ゆっくり取りかかれる時間を用意してください。

あとはさつまいもです。あまり大きくない物の方がより甘くなりやすいです。

どのくらいの時間がかかるの?

時間は、事前準備に2週間。

当日、調理に1時間ほどかかります。

食べて後片付け〜、となるともっとかかります。

予定がなく、のんびりできる日に作るのがおすすめです。

さつまいもの種類は?

さつまいもの種類はなんでもいいです。

私はさっぱり系の紅あずまを使っています。

ねっとり系だと、紅はるか、シルクスイートとか、安納芋とかになるでしょうか。

どちらも問題なく作れます。

選び方のポイント

さつまいもは糖度の高いものを選びましょう。

糖度が高いものは、端の切り口から蜜が出ています。

端っこが黒く汚くなってるものが、蜜です。

汚れて見えるのでスーパーでも意外とたくさん蜜のあるものが残ってます(笑)

この写真のような状態のものを選びましょう ( これはさすがに垂れすぎてますが 笑 )

この蜜は手に着くと洗ってもベタベタと取りにくいので、触る時は気をつけてくださいね。

他に必要なものは?

温度設定ができるオーブントースターを用意してください。

特に難しい機能はいりません。


うちではアラジンを使っています
実家のオーブントースターは古すぎて載ってなかったので同じシリーズの物ですが、同じくおいしくできます。

あと、あると便利なのは、アルコールの入ったウェットティッシュです。

手についたさつまいもの蜜を取るのが楽になります。

おいしい焼き芋の作り方

さつまいもを寝かす

実はさつまいもは長期保存して寝かすほど蜜が増えて、より甘くなります。

なので、暗くて涼しいところで2週間寝かせてください。

冷蔵庫の野菜室はNG❌

逆にさつまいもが痛みやすくなるので、野菜室は避けてください。

オーブントースターの温度設定

2週間寝かせたら、ようやく焼けます。

オーブントースターを180~200℃に設定してください。

ここにさつまいもを入れます。
事前に余熱の必要はありません。

皮ごと食べる場合は、泥や汚れを洗い落としましょう。

蜜にくっついて取りにくいですが、皮は必要なので、焼く前にむいてしまわないようにしてくださいね。

さつまいもを焼く時間

さつまいもは、60分焼きます。

多くのオーブントースターは15分が最大値なので、4回まわすことになります。

焼き上がりがこちら。

皮と中身がはがれて、触るとぷかぷかします。

切るとこんな感じ

中身がとろけて、とてもあま〜いです。

家族からも

甘くておいしい!とろける~!

石焼き芋みたい!最高!

と、評判です😊

おいしい焼き芋の作り方、検証してみた

実は、この焼き方は父がスーパーの焼き芋機を観察して、見つけました。

どんだけ焼き芋好きなん 笑

なので、温度と時間は確実です。

でもさつまいもを寝かす期間については、てきとーにって言われたので、検証してみました。

寝かせないで焼いてみる

買ってきてすぐに焼きました。

中に固いところが残ってる感じになりました。皮も中身にくっついています

食べると、もちろん美味しいんですが、さっぱり味。

特別書くこともないほど、普通です。

1週間寝かせてみる

1週間寝かせてから焼いてみました。

皮と身の間がとろけてて、中まで熱がしっかり通ってる感じがあります。でもまだ外側と中心で焼き加減の差があります。

これもとてもおいしいです。

外側はとろとろ食感、内側は食感のあるあっさり味の2種類の味が楽しめます。

2週間寝かせてみる

2週間寝かせてから焼いてみました。

いい感じに全ての色が整ってます。熱の通り方にムラがなくなっています。

食感はとろとろなんですが、食感がないほどでもなく、最初から最後までとても甘いです。

3週間寝かせてみる

3週間寝かせてから焼いてみました。

中までしっかり熱が入っています。柔らかくて、崩れてしまいそうです。

皮をむくと、とろとろと崩れて食べにくかったです。

全てがとろける甘さと食感です。

結果、我が家では2週間寝かせたものが、いちばんとろとろと甘さのバランスがいいという結論になりました。

しかし、食感の違い、甘さの違いをいちばん感じられるのは1週間寝かせたものです。

この辺りは好みなので、どちらも試してみてくださいね。

まとめ:おいしい焼き芋の作り方

ポイント

  • 用意するものは、さつまいも、オーブントースター、時間
  • さつまいもは蜜の多いものを選ぼう
  • さつまいもは2週間寝かせよう
  • オーブントースターの温度は180℃~200℃
  • オーブントースターで60分焼こう
  • 手と口のやけどに注意⚠️

寝かせる時間も含めるととても時間がかかるので、たまのぜいたく時間にのんびり作ってみてくださいね。

やって後悔はしないですよ😊

  • この記事を書いた人

まゆ

静岡在住。
猫2、亀2、夫、娘、息子、4人4匹家族。
今は息子の育児のため専業主婦。

家事が苦手な上にめんどくさがり。
毎日の『めんどくさい』がイヤで1か月の献立をいっきに立てるようになりました。

性格はガサツでおおざっぱ。
そんな主婦歴15年の普通の主婦です。


↓↓よかったら覗いていってください☺ わたしのルームリンク

-スイーツのレシピ, フルーツレシピ
-

© 2020 まゆログ Powered by AFFINGER5